「チケットがつきました」でおなじみ「バス特」の仕組みをおさらいしてみました

「チケットがつきました」のナゾ

「チケットがつきました」とは?

「チケットがつきました」

バスに乗りSuica、PASMOで運賃を払うと、たまにこんなアナウンスが流れます。

この際運賃が安くなっていることにお気づきでしょうか。

「チケットがつきました」は『バス利用特典サービス』(バス特)という割引きが適用された時のアナウンスです。

『バス特』とは?

首都圏と一部のバス会社が行っている割引サービスです。

Suica、PASMOで運賃を払うと自動でポイントがたまり、一定ポイントがたまると運賃が割引きになります。

申し込み手続きは不要。

ポイントを使う時も申告はいりません。

Suica、PASMOで支払いするだけで自動でポイントがたまり、割引きされます。

ポイントをためる方法

『バス特』対象のバスの運賃をSuica、PASMOで支払うとポイントがたまります。対象バスには車体にマークがついています。

バス特マーク

(画像:『バス特』マーク PASMOバスでのご利用方法より引用

1円=1ポイントがつきます。(運賃216円だと216ポイント)

ポイントは、『バス特』サービスを行っている事業者共通です。

 

ふくろうくん

『バス特』サービスを行ってるバス事業者なら、違う会社でもポイントが累積されるよ!

どれだけ割引きされるの?

1,000ポイントがたまると100円分の割引きチケット(特典バスチケット)がICカードにつきます。
次回乗車時に10円単位で使用されます。(Suica、PASMOにチャージされている電子マネーより優先して使用されます)

ふくろうくん

運賃216円のバスに5回乗ると1080ポイントがついて、6回目の乗車時に100円割引きになるよ
支払金額累計 バスチケット付与額
1,000円 100円
2,000円 100円
3,000円 160円
4,000円 160円
5,000円 330円
6,000円 170円
7,000円 180円
8,000円 180円
9,000円 180円
10,000円 180円
注意
  • ポイントは1ヶ月間しか累積されません。毎月1日~末日の間にたまり、翌月1日にリセットされます。翌月1日からは新たに0ポイントからスタートとなります。
  • 10,000ポイントを超えるとリセットされ0ポイントになります。
  • 『1日バス乗車券』購入でポイントはつきません。
    長距離バスや高速バスの運賃支払いではポイントはつきません。詳細は各バス会社のホームページを確認ください。

『バス特』取り扱い事業者

PASMO「PASMO取り扱い事業者」

ポイントをためるコツ

バス運賃は1枚のICカードでまとめて運賃が払えます。
乗車時に大人(子供)何人分か伝えるだけ。
例えば家族で出かけた場合…

父、母、娘のイラスト

ママ

「大人2人、子供1人お願いします」
MEMO
大人216円×2=432円(432ポイント)
子供108円(108ポイント)
合計540ポイント

片道だけで540ポイントがたまります。往復なら1080ポイントがたまり次回乗車時に100円割引きになります。
ポイントをためるコツは複数で乗る際はまとめ払いし、同じICカードで払い続けることです。

参考サイト:PASMO「バスでのご利用方法」